サポートされていないブラウザです。アップグレードをお願いします。 閉じる

ラボラトリー・TFFシステム

1L程度の容量を迅速かつ簡便に処理

ラボスケールの濃縮、脱塩、バッファー交換処理を効率的に行える製品です。

ポールでは実験室規模の仕様のタンジェンシャル フロー フィルトレーション(Tangential Flow Filtration; TFF)システムである、ミニメイト TFFシステムを提供しております。このシステムにより、効率よくサンプルの濃縮ができ、1Lを超える大容量にも対応し、最少5 mL までの濃縮が可能です。また、同システムで続いて脱塩やバッファー交換を行うことができます。デバイスの残液量(約1.6 mL程)が少ないため、単一操作で高い濃縮率を実現できます。

 

以下アプリケーション例を示します。

 

  • タンパク質、ペプチド、核酸(DNA、RNA、オリゴヌクレオチド)の濃縮、脱塩
  • 菌体もしくは細胞分離後の培養液からの抗体、組換えタンパク質の回収
  • 金属感受性の高い酵素や分子の分離プロセス
  • 低分子量の生体分子と大きな物質との分離(分画)
  • ウィルスや遺伝子治療ベクターの濃縮
  • カラムクロマトグラフィーの事前/ 事後/ 処理中サンプル調製
  • ゲルろ過後のサンプル濃縮
  • 水、バッファー、メディア溶液の脱パイロジェン

 

このシステムは、ミニメイト TFF 限外ろ過カプセルを取り付けて、サンプルリザーバーにサンプルを加え、ペリスタポンプのスイッチを入れたら即座に処理を開始できます。

 

このカプセルはハウジング等主要部品はプラスチック製で、搭載されている有効ろ過面積50 cm2の限外ろ過膜、オメガメンブレンは幅広い薬品適合性をもち、低いタンパク質結合性なのでタンパク質吸着を最小限にしています。また本デバイスにおいては、様々な分子量カットオフ(MWCO)、650D、1K、3K、5K、10K、30K、50K、70K、100K、300K、500K、1000Kのオメガメンブレンを搭載したカプセルを取り揃えております。

ディスポーザブルに使用でき、1 バッチのみの使用に限定される場合に大変便利です。洗浄バリデーションのために必要とされる時間を最小限にすることができます。
使用後、アルカリ溶液により洗浄して再利用することも可能です。

より広い膜面積が必要な場合には、ミニメイト TFF 限外ろ過カプセルを平行につないで使用することができます。スケールアップしたTFF製品である弊社のセントラメイトと同じ流路長を持ち、同じ構成部品を使用しています。そのため、プロセスをスケールアップする時に必要な、同等性確保の時間を節約できます。

ポールでは本カプセルを製造時に、全品完全性試験を実施しています。クリティカルなアプリケーションの場合は、最初の使用後に完全性試験を実施できます。本製品には、すべて品質保証書が同梱されています。

 

 

即使用可能なミニメイト TFF システムは、Masterflex L/S 可変速度のペリスタポンプ、Masterflex L/S イージーロードポンプヘッド、0 〜 4 bar(0 〜 60 psi)の圧力計、各種バルブ、マグネチック攪拌棒付500 mL のサンプルリザーバー、スターラープレートが全てコンパクトなドリップトレイ上に取り付けられております。(ミニメイト TFF リザーバーアッセンブリーの場合はポンプヘッドとペリスタポンプが別途必要となります。)

 

使い捨てのチューブや接続口と共にぺリスタポンプを使用することにより、生体分子を損傷しない、穏やかな処理を行いながら、サンプルの交差汚染の問題を最小限に抑えることができます。接液部品は全て米国薬局方(USP)生物反応性試験、In Vivo < 88 >に適合しております。リザーバーは500mL のサンプルに対応可能で、製品を効率良く混合することができます。

 

底部が先細りになっており無駄のない液供給とリターンポートがシステム内の残液量を少量に抑えるため、高い濃縮性を発揮することができます。

リザーバーの蓋はしっかりとシーリングされており、トランスファーポンプを使用せずに直接リザーバー内にサンプルやダイアフィルトレーション溶液を追加することができます。

 

透過液がTFFデバイスを通過する際、真空状態が生まれるため、引き続いてダイアフィルトレーションを行うことができます。サンプルを取り出す際には、リザーバー出口のバルブを開け、サンプルを排出するだけです。

Lab-App-tanflowfil-lab-tff-systems