サポートされていないブラウザです。アップグレードをお願いします。 閉じる

ゲノムDNAの精製

最大のパフォーマンスを得るために最適化された製品

サンプル間のクロス・コンタミネーションを防ぎます。

次世代シークエンシング技術の出現により、短時間で前例のない量のシークエンシングデータを収集することが可能になりました。これは多くの種のゲノムと遺伝子構造の理解に大きく貢献しており、遺伝子異常、癌の体細胞突然変異、エピジェネティックな変化による異所性発現の候補遺伝子に関する多くの情報を得ることができました。候補遺伝子のバリデーションは、哺乳動物細胞培養物または動物モデル全体で作製された遺伝子操作された疾患モデルによって行うことができます。

 

これらの研究に含まれるワークフローの多くは、より多くのゲノムDNAサンプルを並行して得ることを可能にするマルチウェルタイプのDNA結合フィルタープレートの使用によって、ハイスループット様式で行われます。

 

核酸結合用アクロプレップ アドバンス 96-ウェル ロングチップフィルタープレートは、DNAとRNAの効率的な結合を可能にするシリカベースの石英ガラス繊維メンブレンにより、スムーズな流速とサンプルの迅速な処理を提供します。このメンブレンは、細菌のプラスミドDNA、およびゲノムDNAまたは細胞培養サンプルからのトータルRNAを精製するといったアプリケーションを研究者に提供できます。クロスコンタミネーションの可能性を減らすことは、再現性を伴う核酸の品質にとって重要です。私たちの新しい技術である、長い先端のアウトレット構造をもつプレートはろ過液の飛沫化を最小限に抑え、クロスコンタミネーションの可能性を低減します。

 

核酸結合用アクロプレップ アドバンス 96-ウェル ロングチップフィルタープレートは、用途に柔軟性を持たせ、クロスコンタミネーションのリスクを低減し、サンプル処理のためのスムーズなフローを提供する核酸精製用フィルタープレートです。このフィルタープレートは、哺乳動物の培養細胞あるいは凍結保存した培養細胞から、高品質のゲノムDNAを分離・精製することが可能であり、分離したゲノムDNAは、リアルタイムqPCRや次世代シーケンスライブラリーの作成などのダウンストリームアプリケーションでの使用に適していることが確認されています。

 

また別の核酸精製の方法において、ポールは、従来のクロマトグラフィー用レジンと比較して、より高い動的結合能力を提供することができるイオン交換クロマトグラフィーメンブレンを提供できます。

 

クロマトグラフィーにおいて、レジンベースの処理に限界がある場合(例えばウイルスや大きな分子の精製など)には、メンブレンが頑丈かつスケーラブルで、経済的な方法となることが知られています。メンブレンはレジンよりも高い流速を持ち、レジンでは限界があるアプリケーションでよく機能します。ポール独自のメンブレン技術により、イオン交換を用いて核酸やタンパク質の精製を可能にする、ムスタング 陰イオン、陽イオン交換クロマトグラフィーメンブレンを開発しました。

 

ムスタング 陰イオン交換メンブレン(ムスタング Qメンブレン)は核酸除去用品とて、例えばワクチンなどの治療用品からDNA を除去する用途にも用いられています。またゲノムDNA の精製にも使用できます。

 

精製した多数の目的DNAを限外ろ過用のアクロプレップ アドバンス オメガ 96-ウェル フィルタープレートを用いることで、迅速に濃縮、分画することができます。

一般に、PCR産物から不要なプライマーおよびdNTPSを除去することができます。ポールは、このような用途に役立つ限外ろ過用のアクロプレップ アドバンス オメガ 96-ウェル フィルタープレートおよびナノセップマイクロセップ アドバンスマクロセップ アドバンス遠心デバイスを取り揃えております。

 

Acroprep-landingpage

Discover the benefits of the AcroPrep™ Advance 96-Well Filter Plates for yourself – choose your application and request a sample.