サポートされていないブラウザです。アップグレードをお願いします。 閉じる
試験、研究

分析機器用サンプルの調製

ポールの製品はお客様のニーズにあった正確で信頼できる分析結果の獲得をサポートします。

分析結果の品質を保証する

実績のあるパフォーマンスは 信頼性のある分析結果につながります。

品質管理におけるクリティカルな決定は、分析試験の結果に基づいて行われることがよくあります。これらの結果に対する信頼性は、たとえ25μLという微量なサンプルであっても期待通りに機能できることが実証された分析製品の使用に起因します。

 

30年以上前からポールは、アクロディスク シリンジフィルターを分析機器のサンプル調製用として提供しており、また今日サンプル調製および溶出試験用の高品質のフィルターとして製造しています。

 

サンプルおよび移動相のろ過は、HPLC用の消耗品部品の寿命を延ばし、システムの摩耗や損傷を減らし、HPLCシステムの完全性を維持するために必要な、シンプルで効率的な方法です。HPLC部品の定期的なメンテナンスを行うことで、HPLCの深刻な問題を回避することができます。ポンプシールの交換など、ほとんどのHPLC部品の交換作業は必要なメンテナンスとして容易に認識されますが、移動相およびサンプルの濾過もまた、HPLCの問題を軽減することができる、簡単で安価で便利な方法です。

hplc-acrodisc

HPLCとUHPLCのサンプル調製

HPLCアプリケーションの精度を向上させるように、HPLC用のろ過フィルターは設計されています。しかしながら適していないフィルターの使用は、フィルターの抽出物が漏れでる可能性があり、装置の汚染源となり得ます。 これらの望ましくないアーチファクトは、分析結果を共溶出、誤定量、および外来ピークを含んだ、懸念のある結果にしかねません。
HPLCアプリケーションの精度を向上させるように、HPLC用のろ過フィルターは設計されています。しかしながら適していないフィルターの使用は、フィルターの抽出物が漏れでる可能性があり、装置の汚染源となり得ます。 これらの望ましくないアーチファクトは、分析結果を共溶出、誤定量、および外来ピークを含んだ、懸念のある結果にしかねません。
詳細を読む

LC/MSのサンプル調製

液体クロマトグラフィー質量分析法(LC/MS)は、定性分析と定量分析の両方において優れた感度をもち、またその汎用性より、多くの方に重宝されています。LC/MS装置を使用する場合、サンプルを調製するときに用いるフィルターからの抽出物の溶出および浸出は、最終的な分析結果にとって大きな懸念となります。
液体クロマトグラフィー質量分析法(LC/MS)は、定性分析と定量分析の両方において優れた感度をもち、またその汎用性より、多くの方に重宝されています。LC/MS装置を使用する場合、サンプルを調製するときに用いるフィルターからの抽出物の溶出および浸出は、最終的な分析結果にとって大きな懸念となります。
詳細を読む

ICサンプルの調製

イオンクロマトグラフィー(IC) は、イオンや極性分子の荷電官能基によってその成分を分離する技術です。これは、水質、食品および飲料品のサンプルの分析、タンパク質、アミノ酸、核酸などの荷電分子の研究に使用されています。IC用サンプルのろ過処理については、ICの分離精度とその再現性のために、サンプル中に外部イオンを溶出、または結合させないで、ろ過処理可能なフィルターを選択することが重要です。
イオンクロマトグラフィー(IC) は、イオンや極性分子の荷電官能基によってその成分を分離する技術です。これは、水質、食品および飲料品のサンプルの分析、タンパク質、アミノ酸、核酸などの荷電分子の研究に使用されています。IC用サンプルのろ過処理については、ICの分離精度とその再現性のために、サンプル中に外部イオンを溶出、または結合させないで、ろ過処理可能なフィルターを選択することが重要です。
詳細を読む

ハイスループットな サンプル調製

分析用サンプルのサンプル数やその容量に応じて、ポールでは迅速なろ過処理ができる製品を提供しています。
分析用サンプルのサンプル数やその容量に応じて、ポールでは迅速なろ過処理ができる製品を提供しています。
詳細を読む

移動相のろ過

移動相用の緩衝液や溶媒のろ過は、カラムフリットの目詰まりやコンタミネーション、キャピラリーの詰まりを引き起こし、分析機器の検出におけるベースラインを増加させる可能性のある微生物の増殖や粒子を排除するために行います。
移動相用の緩衝液や溶媒のろ過は、カラムフリットの目詰まりやコンタミネーション、キャピラリーの詰まりを引き起こし、分析機器の検出におけるベースラインを増加させる可能性のある微生物の増殖や粒子を排除するために行います。
詳細を読む